銀行ローンと目的別ローンと多目的ローン

お金を貸してくれる金融機関というと、最近では、それを専業としている消費者金融などの貸金業者が随分と有名になってまいりました。

キャッシングなどは今では学生や主婦でも手軽に利用しています。
しかしその一方で、昔から馴染みの深い銀行ローンも、全く衰えることなく健在です。

実際、銀行の各種のローン商品は、貸金業者よりも金利が低い傾向がありますので、常に高いレベルで安定した人気を保ち続けているのです。

その銀行ローンとは、大きく、二種類に分けて考えることができます。

一つ目は、目的別ローンと呼ばれる商品です。それは、借りるお金は当初から何に使うのかが明確に決まっていて、それを前提として借りるタイプのローン商品のことです。
目的別ローンの最大のメリットは、とにかくローン商品の中では低金利だという点です。

具体的な商品名を上げるなら、住宅ローン、マイカーローン、教育ローンなどが有名です。

しかし、どんな種類の目的別ローンがあるのかは、銀行やローン会社によって違います。
実際に、世の中には数多くの目的別ローン商品が存在しています。ですから、もしも使い道がはっきりしているローンなら、まずは目的別ローンの種類の中に自分の使用目的に適合する商品があるかどうか探してみるべきです。そして見つかったら、迷わず申し込むべきです。ただし目的別ローンは他のローンよりも審査は厳しい傾向がありますので、その点は注意が必要です。

そして銀行ローンの二つ目は、多目的ローンです。それは目的別ローンとは違って、借りるお金の使用目的は自由です。
原則として何に使っても大丈夫ですが、一部、事業性融資には使えないなどの例外もありますので、その点だけ要注意です。

この多目的ローンには、お馴染みの銀行カードローンやフリーローンなどがあります。
目的別ローンよりも比較的金利は高めになってしまいますが、その代わり、審査の難易度は低めです。使いやすくて身近なローン商品だと言えます。

ちなみにカードローンとフリーローンの違いは、利用枠があれば何度でも借り入れが可能なのがカードローン、不可能なのがフリーローンです。
また、フリーローンのほうが少し低金利の傾向もあります。

いずれにせよ、どちらが自分に適しているかをよく考えて、賢く使い分ける必要があります。

一度まとまったお金を借りたら、後はひたすら返済したいなら、フリーローンが向いています。
逆に利用枠がある限り何度でもこまめに借りたいなら、カードローンが便利です。

結局、銀行ローンとは、とにかく自分に最適な商品を選ぶべきだというのが結論です。そうでないと、損をしてしまう恐れがあります。