キャッシング申込みする際の注意点

キャッシング申込みをすると、審査に無事通過するか心配なものですよね。この審査では、その人の返済能力の有無はもちろんのこと信用できる人なのかどうか、という人柄についてもチェックされます。

不審な動きをしたり、すぐばれる様な嘘をついたり、落ち着きがなかったり、態度が悪いとなると、収入の面では支払い能力があると判断されたとしても、審査に通過しない場合があります。せっかくのチャンスをこのようなことで逃したくはないですよね。ですから、きちんとした受け答え、ハッキリとした返答、正直に自分のことを伝えるということが大切です。

また、使い道について聞かれた際、「キャッシングする上でのまっとうな理由」を無理やり探す方がいます。本当はちょっとした旅行や、冠婚葬祭のための一時的な借り入れなのにも関わらず、「どうしてもお金を借りなければならない生活状態なのだ」ということにして、無理やりお金に困っている事情を作って嘘をついてしまうのです。

この場合、ウソはいつかばれてしまいますし、ばれた時に信用問題にまで発展してしまいます。また、そのような生活状態であれば、逆に審査に通過しづらくなってしまうかもしれません。キャッシングと言うのは、ちょっとした一時的な出費にも対応できる、良心的な制度だということを忘れないでください。

「旅行だけで貸してくれるだろうか」と心配する必要はありません。きちんと理由を伝え、返済能力を示し、不快に思われないような対応をしていれば、良い結果をもらえるでしょう。

主婦でも借入れ可能なキャッシングは?

一般にキャッシングは金融機関もリスクを背負っているので、サラリーマンなどの定期収入がある方を対象としています。当然無職の方や収入が不定期の方には借入れの審査で却下する事が多いですが、中には例外も存在します。

多くの方が勘違いしていることですが、それは専業主婦についてです。パートなどを行っていない主婦の方には定期収入はありませんが、世帯収入という形で夫にキチンとした収入があれば、主婦名義でも借入れが可能なケースがあります。

当然金融機関により審査基準は様々で、主婦やフリーターの方には融資を行えないというケースも多数あります。しかし、大手消費者金融やキャッシングなどでも主夫歓迎と謳う会社が非常に増えている傾向にあります。これは主婦の方でもしっかりと夫の定期収入があれば、返済の滞りなくしっかりと取り引きが出来ると認められているからで、これまでそうした返済事故が無い方ではスムーズにカードを作ることが可能です。

しかし、注意が必要なのは銀行系などのフリーローンでは審査が厳しく専業主婦では融資不可能なケースもあります。そのため公式サイトや口コミなどをチェックして主婦でも融資可能な消費者金融を探してから審査を申し込んで下さい。

楽天ローンは初心者にも申し込みやすくてお勧めです。

楽天ローンを利用しました。

ネット系の会社だけあって申し込みから借り入れまで全てインターネットで可能でした。

審査結果のメールは来るのが早かったです。

最短当日みたいな事が書いてありましたが、よほど受付時間ギリギリとかやたら申し込みが集中したとかでない限り当日に審査結果が来るのではないでしょうか。

それくらあっという間でした。

そこから会社への在籍確認などがあります。

私の場合会社へ個人名で電話がかかってきましたが、「どちらの?」という質問に「楽天銀行の」と答えていたようなので、絶対に在籍確認電話だとバレたくないという人は注意が必要です。

前もって同僚に楽天銀行の人から電話があると言っておけば、消費者金融系よりは借金だとバレ難いかもしれません。

キャッシング用のカードは土日含めて一週間ほどで郵送されてきました。

この点は他の銀行や消費者金融の方が圧倒的に早いと思います。

ですが、カード受け取り前に振込みをしてもらえるので大して問題はないと思います。

金利も低いですし、申し込みも簡単なので初めてのカードローンキャッシングを利用するという方にはお勧めです。

サポート体制がイマイチという問題もありますが、けっして悪いわけではありません。

他の銀行や消費者金融の方が良いというだけです。

なので、最低限のサポートで良いという人にはこれくらいのサポートで丁度良く感じると思います。

カードローンの在籍確認に関して

カードローン審査パーフェクトガイド

カードローンで申し込みをすると、審査の後にほとんど必ず在籍確認というものがあります。

この在籍確認というものは、提出された職場で、その人本人が本当に働いているのかどうかを調べるというものです。
方法は電話で、職場に直接担当者が電話をして、確認をとります。

しかしながら、職場にカードローン会社から電話をされるとなると、困るという方も多いのではないでしょうか。
やはりできればあまりこういったカードローン利用というものは知られたくないという方の方が多いでしょう。

しかし、心配はいりません。

在籍確認は担当者個人の名前で電話をして、その人を呼び出してもらう、これだけです。
その場に本人がいなかったとしても、電話口で本人の名前だったりが聞けて、確実に在籍はしているという事がわかれば、何も問題はないのです。

このように、在籍確認というものは電話で5分足らずで終了しますし、これだけでカードローンの利用がばれてしまうという恐れはまずないといえるでしょう。

またカードローンに限らずクレジットカードなどでもこういった在籍確認はありますし、そう考えればそこまで心配をしてしまう必要はないといえるのではないでしょうか。

カードローンに申し込みをしようと思っていて、この在籍確認ってなんだろう、在籍確認が嫌だと思っている方も、これらの事を参考にしてみれば多少はよくなるのではないでしょうか。

また、どうしてもそれでも在籍確認が嫌だという方は、条件付きで在籍確認がなくなるというカードローンもないわけではありませんから、そういったものを利用なさってみてはいかがでしょうか。
そうすれば、在籍確認を避けてカードローンの利用が可能になるでしょう。

ただし手間はかかりますから、その点は考慮しておいてください。

銀行ローンと目的別ローンと多目的ローン

お金を貸してくれる金融機関というと、最近では、それを専業としている消費者金融などの貸金業者が随分と有名になってまいりました。

キャッシングなどは今では学生や主婦でも手軽に利用しています。
しかしその一方で、昔から馴染みの深い銀行ローンも、全く衰えることなく健在です。

実際、銀行の各種のローン商品は、貸金業者よりも金利が低い傾向がありますので、常に高いレベルで安定した人気を保ち続けているのです。

その銀行ローンとは、大きく、二種類に分けて考えることができます。

一つ目は、目的別ローンと呼ばれる商品です。それは、借りるお金は当初から何に使うのかが明確に決まっていて、それを前提として借りるタイプのローン商品のことです。
目的別ローンの最大のメリットは、とにかくローン商品の中では低金利だという点です。

具体的な商品名を上げるなら、住宅ローン、マイカーローン、教育ローンなどが有名です。

しかし、どんな種類の目的別ローンがあるのかは、銀行やローン会社によって違います。
実際に、世の中には数多くの目的別ローン商品が存在しています。ですから、もしも使い道がはっきりしているローンなら、まずは目的別ローンの種類の中に自分の使用目的に適合する商品があるかどうか探してみるべきです。そして見つかったら、迷わず申し込むべきです。ただし目的別ローンは他のローンよりも審査は厳しい傾向がありますので、その点は注意が必要です。

そして銀行ローンの二つ目は、多目的ローンです。それは目的別ローンとは違って、借りるお金の使用目的は自由です。
原則として何に使っても大丈夫ですが、一部、事業性融資には使えないなどの例外もありますので、その点だけ要注意です。

この多目的ローンには、お馴染みの銀行カードローンやフリーローンなどがあります。
目的別ローンよりも比較的金利は高めになってしまいますが、その代わり、審査の難易度は低めです。使いやすくて身近なローン商品だと言えます。

ちなみにカードローンとフリーローンの違いは、利用枠があれば何度でも借り入れが可能なのがカードローン、不可能なのがフリーローンです。
また、フリーローンのほうが少し低金利の傾向もあります。

いずれにせよ、どちらが自分に適しているかをよく考えて、賢く使い分ける必要があります。

一度まとまったお金を借りたら、後はひたすら返済したいなら、フリーローンが向いています。
逆に利用枠がある限り何度でもこまめに借りたいなら、カードローンが便利です。

結局、銀行ローンとは、とにかく自分に最適な商品を選ぶべきだというのが結論です。そうでないと、損をしてしまう恐れがあります。